294: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 16:04:03.16
自分は修羅の家から逃げた立場だ。

物心ついた頃(幼稚園児w)から、将来絶対こいつ(年子の兄)は
後々面倒な奴になるって思ってたし、散々いじめられたしで、
自分はあからさまに嫌悪を表し続けて、家を離れるのが当然!と両親・周りに思わせて
高卒・進学と共に家を出た。
その頃の家はひどい雰囲気で、両親に本当に申し訳無く思ってる。

現在、兄は思った通りの結果になってしまった。

両親は、大人になった今客観的に見て、本当に素朴で善良な人だったと思う。
育て方云々はもちろんあるが、幼児の時に兄に感じていた自分の感覚から、
持って生まれた物に大きく左右されるって結構あると思う。




295: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 16:14:04.01
>>294何とも言えねーわ

296: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 16:16:56.40
>>294
>兄は思った通りの結果になってしまった

kwsk

297: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 16:17:33.98
田舎の家ってのはね、都会に出さないように出さないようにするんだよ
進学、就職をきっかけに、って一般パターンすら通用しない
そして負のループになる

299: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 16:54:28.45
>>294
kwskもらったんで。
兄はよくある、心が弱くて融通の利かないパターン。

うちは田舎の農家で、跡継ぎ長兄が既に居たので、
親は独り立ちさせる為に兄に大学進学を勧めた。

兄は自分を過大評価している為に、きちんとした受験対策をせずに
レベルの高い大学を受けて、落ち続け4浪。
何とか公立に受かり奨学金をもらう事が出来たが、
常に行動動機が、他者への反発から発生するという思考回路なため
(たとえば、あいつに馬鹿にされたから、あいつより良い学校に入るんだ!っていうパターン)
在学中に心を病んで引きこもり。

結果、兄は社会に出られず、両親も年老いてしまった為、
都会に勤めて定収入のある私が奨学金を返した。

>>297
田舎だから、母は近隣に嫁に行って欲しかったみたい。
情に絆されなくてよかったし、幼児時の決心は間違ってなかったと今でも思ってる。

301: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 17:11:59.54
>>299
妹が奨学金を返すなんて… なんじゃそれ
男男女、の地獄3兄弟の中間子ではあるが、進学を許してもらえた恵まれた立場で
なんだそれ(普通は出来の悪い長子が進学するために下2人は泣くことになる) 
中間子組合の組合員でもそりゃない、と思うぜ
それにしても他人は気にしないマイペースな中間子が多いのに珍しいね

302: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 17:12:55.97
>>299
そこで肩代わりするのが間違い
見捨てるなら徹底して見捨てないと

303: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 17:42:40.96
>>302
手切れ金として納得できるのならおっけ。
お金を出す事で「やれるだけのことはやった」と自分に区切りをつけられる。
逃げ切れたのならもうタカられる事は無いだろうし。

304: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 17:45:54.37
>>303
あのとき助けてくれたから今度も助けてくれる、というか助けろ、それがお前の義務だ
って考えるのが屑
甘い顔すると際限なく付け上がるだけ
あいつらの頭に感謝とか遠慮って単語は入っていない

305: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 17:58:20.09
長兄が農業を継いでるとして、その問題の次兄はどこに住んでるの?
なんで長兄が奨学金返済を手伝わないんだろう。

>>294さんは幼い頃から離れる決心をしていて実行できたんだし、
手切れ金的なものも出して、踏ん切りもついているだろうから
>>304が心配しているような事態はならないんじゃないかな。
あーだこーだ言ってきたら、むしろあの時の金を返せやゴラァって言って欲しい。

307: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 18:13:58.37
>>305長兄の言い分

・妻子が居て金が無い
・農業なので定期収入は無い
・親の老後をみるので金が無い
・農機具を買うので金が無い

308: 299 投稿日:2013/02/22(金) 18:29:44.23
レスありがとうございます。

>>307
長兄については、ほぼその通りですw

兄の奨学金返済については、返済が滞って利子が膨らんで巨額になっていたので、
長兄ひとりではどうも出来ず、親孝行と手切れ金半々の感覚でした。
あと、その頃こちらで知り合った人と私の縁談が進んでいて、
先々彼に迷惑がかからないように、と思ったのもありました。

おかげで式も挙げられませんでしたけど
結婚してからは、婚家にかこつけて次兄関連の要求を断る事が出来ているので、
旦那と義両親には本当に感謝しています。


思わぬ暖かいお言葉をいただき、恐縮しております。
どうもありがとうございました。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1361339785/


1000: 名無しの心子知らず