17: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 15:05:24.84
私は父が不在の深夜に横で婆ちゃんがタヒんでいくのが判ってたよ
まだ6歳だったけど
怖くて布団の中で震えを我慢して寝たフリが精一杯だった
一緒に寝ていた母はのんびり親戚(祖母の娘で父の姉)に電話してて
何故あの時に救急車を呼ばなかったのか
救急車呼んでたら祖母は助かってたかも、と思う時がある
当時、介護疲れで母のヒステリーが何よりも恐怖で
誰にも言えず、葬儀中も嬉々として鏡の前でめかし込んでた母が怖くて
大人になった今ではもう何年も会ってない
それ以前に毒親だったんでもう会う予定もないけど




18: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 15:10:14.69
因みに、母は祖母が粗相しないように夏なのに水を飲ませてなくて
私は時々水を運んで飲ませてたんだけど
一度で良いから丼で水が飲みたいって言ってた
祖母が亡くなったのは夏の終わりだった

19: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 15:39:01.95
ばーちゃんかわいそうだな
喉の渇きを我慢するって腎臓の病気で制限されてたときに味わったけど
どんなものを我慢するよりも辛かった

21: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 15:42:07.59
>>19
トメが透析で水分制限されてて辛そうだったわ
旦那は一日でも長生きしてほしいのかきつく当たるんだけど
私はどうせ長くないなら多少好きなようにさせてあげたら?って思ってたな

まぁ、いろんな計算もあっての発言なんだけど

23: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 15:44:54.70
介護ってタヒぬまで続くし、終わりが見えないし、開放されるならタヒぬとわかってても放置するかもね。
それくらい追い詰められてたんかなぁと思うよ>>17
子ども心には怖いけどね。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1360371307/


1000: 名無しの心子知らず