977: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 00:54:09.07
中学生の頃等質と誤診され、閉鎖病棟に数年間強制入院させらたこと。

副作用だけで腸閉塞になるくらい薬漬けにされて廃人に。
精神状態は日に日に悪化して自傷行為が始まり、刑務所みたいな保護室に手足を拘束されて過ごすこともあった。
こんな生き地獄(病院)に置き去りにした親を恨んだし、等質じゃないことを信じてもらえなくてショックだった。
まだまた子供だったんで、親に捨てられたという思いで絶望した。
そして青春を失ってしまった。

でもその後いい先生に出会え社会復帰できました。
当時の写真を見るとまるで別人で、顔付きが完全にヤバいです。




979: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 01:03:12.00
場所間違った

980: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 01:18:30.71
間違ってるけど十分修羅場

981: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 02:23:27.31
>>977
そんな誤診がありうるの?
なんの保証もないの?
親からの謝罪は?

982: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 03:22:54.41
>>981
私を救ってくれた医師が、これが精神科医療の現状と嘆いていた記憶がある。
実際どうなのか私には分からないけど、もしかしたらよくある話なのかも?
確かに精神病の診断は難しいとは思う。

親が受け取った診断書には、話した内容が幻聴・妄想=等質って書かれていて愕然としたよ。
始めから病気だって決め付けていたんだよね。
これじゃどんなに何かを訴えも、全て幻聴や妄想で薬を増やされるだけだなと変に納得…
親は自分たちも被害者だと思ってるから、私に謝罪なんて考えてもいないんじゃないかな。

983: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 04:28:29.49
>>982
大変だったね。
具体的にどんなことを話して幻聴だと思われたの?

984: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 06:55:05.19
>>983
家庭が原因で悩んでいたのは確か。
初診で祖父母に悪口を言われてつらいと話したら、それが幻聴妄想で等質という診断になった。
医者にも親にも信じてもらえないどころか、陥れたと思って修羅場だったよ。
必タヒで抵抗したけど無駄だった。それ以来精神科と精神安定剤が怖くて信じられない…

そろそろスレチなんでこの辺で。

985: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 07:43:22.09
全然スレチじゃないよー!
つらかったね。いい先生に出会えたことは救いでしたね。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1359420033/


1000: 名無しの心子知らず