686: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/08(木) 22:10:19.21
私の中で最大の修羅場。家が家事になった。(といってもボヤだったんだけど)

私が確か小学校低学年だった時。当時住んでた家は、自営業をしていて一階が倉庫で
二階が住まいだった。(店舗は徒歩数秒の場所)
それでその日私は、友人と妹と三人で家の前で遊んでいた。一通り遊び終わってオヤツでも
食べようとなって、外階段から玄関へ向かった。そしてちょうど玄関前に着いたとこで、
裏の家に住んでるおばちゃんが血相を変えて「ちょっと!!(私)ちゃんの家から煙出てる!
火事!」と叫んだ。それを聞いても何のことかわからずドアを開けると、開けた途端もの凄い
勢いで煙があふれ出てきた。そこでやっとおばちゃんの言葉を理解。とっさに中にまだ母がいると
思って、靴のまま「おかあさ~ん!!おか~!」と叫んで突入。妹号泣。この時点で友人が
どうしてたか記憶にない。
台所に行くと玄関以上の煙と、コンロの上にあった揚げ物用のフライパンから炎の柱!既に壁にも
延焼してて私大パニック。母が明らかに居ないのに台所で母を呼びながらウロウロ。
そしたら近所の人がなだれ込んできて、一斉にバケツリレーと火に確か毛布かなにかかぶせてた。
大人が来たことで「しっかりしなきゃ!」と心を奮い立たせて、とにかく父にも知らせねばと電話を
とる。なぜ消防車じゃなかったのか不明。そして電話に出た父に火事の事を伝えようとしたけど、
父の声を聞いた途端安心したのかなんなのか、それまで泣くのを我慢してたのが一気に号泣。
「お、お、お、おかあ・・・」と言うだけで伝わらず。しかし父は騒ぎに気付いてて、既に消防車を呼んで
こちらに向かうとこだったらしい。
ここからはもう覚えてないけど、母の姿を確認した後もずーっと「おかあさんが・・・おかあさんが・・」
ってブツブツ泣きながら言ってた覚えがある。

火事の原因は母が天ぷらを揚げてる最中に隣に用事を思い出し、火を消したと思ったけど
消えておらず、それに気がつかないで外出したためだった。
それから暫くは壁が燃えた臭いが消えず、しかも私はしばらく不眠症みたいになって夜に
眠れなくなった。謎なのは妹が一切この火事の事を覚えてないこと。




687: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/08(木) 22:30:24.90
>>686
それはほんとに修羅場だったね・・・もう火が怖いとかないのかな
妹さんは怖すぎて記憶から消してしまったんだろうか
あなたは子供ながら凄く頑張ったね!
お母さんもエラ修羅場だったろうし

688: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/08(木) 22:30:56.11
あまりに怖くて記憶から消去しちゃったのかも
もしくは幼すぎて覚えてないか

689: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/08(木) 22:33:38.45
>>686
妹が覚えてないのは、解離性健忘だろ
耐えきれないほど衝撃的な記憶は
脳がロックをかけるので思い出せなくなる

記憶がなくなったわけじゃなくて、単にロックかかってるだけだから
辛い記憶を受け入れられるようになると
脳はロックを段階的に解除する

ロックされてた記憶は、まるで冷凍保存されたみたいに当時の鮮度をそのまま保ってて、
事件当時の温度や臭い、頬に感じた風まで、当時の全てをリアルに再生される
だから思い出したときは、まるで当時の事件現場に投げ込まれたような錯覚を覚えるほど

これがPTSD発症の一形態

何の準備もなしに突然思い出したら、精神病んで引きこもりになっちゃったりするから
早めに精神科連れてって、対策しとけ

690: 686 投稿日:2012/11/08(木) 23:03:59.43
今は火が怖いとかは無いです。
ただ未だに揚げ物系の料理は出来ない。一度試したけど、いつ油が引火するか気になってちゃんと
ゴミとして出す(キッチンペーパーで油すって、牛乳パックに入れてずっと水につけてた)まで、
眠れなくなったとかはあった。まあ生活には支障はない。

妹は玄関の時点で腰抜かしてたような気がする。私自身当時かなりパニック起こしてて、
はっきりいうと妹がどうしてたか覚えてない。
妹が覚えてないのはまだ幼稚園生だったからかな?とは思うけど、
>>689さんの言うような状態だとしたら怖いな・・・。
ただ一番修羅場だったのはやっぱ母かな~。それから暫くは私たち姉妹につきっきりだった
ような気がするんだよね。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1352105929/


1000: 名無しの心子知らず