272: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/29(水) 16:54:05.12
大学2年の時、父親が勤務先の金を横領した末に自さつしたのが最大の修羅場。
絵に描いたようなだらしないパチンカスではあったけれど、まさかここまでクズだったとは、と唖然とした。
でもそれより、まがりなりにも18年間(大学進学で家を出たので)一緒に暮らした実の親の自さつを
まったく悲しんでない自分に戦慄した。
それどころか、自分の生活や将来に対する心配で頭がいっぱいだった。
大学続けられるかとか、父親の所業で就職が不利にならんかとか、そんなことばっかり考えてた。
よく、あまりに辛く悲しい出来事に直面すると感情がフリーズするとか言うが、
そういうことでもなく、ただただ面倒なことになった、困ったなと思うだけ。
10年経ったが、未だに一度も泣いてない。
帰省すると父親が吊った部屋で寝起きしてるが何も思わない。
自分はもともとそういう人間なんだな、と分かったのが一番の修羅場だったかもしれない。




275: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/29(水) 17:02:21.53
>>272
もともとそういう人間ってのは賛同しかねるな。
おそらくそいつ限定でそういう反応なんだと思うよ。
肉親だからと言って、タヒんだら悲しまなければいけないなんて誰が決めたんだw

277: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/29(水) 17:06:58.26
>>272
世の中には毒親に対して
「タヒんでも構わない、むしろタヒんでくれ、いやむしろ殺したい」
と思っている人間も多くいる。
彼らは当然親がタヒんでも悲しまないし嬉しいとさえ思うこともある。
そういうものだ、気にするな。

278: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/29(水) 17:16:16.04
自分も厨房の時に片親がタヒんだとき
どっか醒めてて就職とか結婚とか不利になるのかなーとか考えてた
そんなもんじゃない?

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1346063300/


1000: 名無しの心子知らず