559: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/15(日) 02:16:54.44
修羅場としては弱かったけど個人的には一番の鮮明な修羅場

中2の時、夏の期末テストの最終日で昼頃に学校が終わり帰り道でSCの中にある本屋に寄って参考書を購入
その後に少しだけファッション誌を立ち読みをしてたら通り過ぎ様に痴漢(お尻をむにっ)された
初めての経験だったのでかなり戸惑ったが後ろを振り返ると明らかに挙動不審の男が通り過ぎようとしていた
その男の服の袖を掴み「今、お尻触りましたよね?」と言った
「離せよ、それくらい(ry」
「お尻触りましたよね?」
「・・・・」
「(大声で)お尻触っといて逃げるなんて卑怯だー!」
その男の服を離さずに大声で助けを求めてワーワー叫んでた

そしたら店内から若い男性(20代半ば)が出てきた
助けてくれる・・・!と思ったのも束の間、どん底に叩き落とされた
「やかましいので余所でやってください」
その隙に手を払いのけて痴漢男は逃げようとしたが、数メートルの所で服を掴み直しまた応戦
男性は店内に戻って行ってしまい、第1の修羅場

数メートル離れた先はSCの入口だが一番人通りの少ない場所でしかもその店の前が改装中というとてつもなくいびつな場所で10分以上必タヒに耐えていた
痴漢男が逃げようと「離せよ」と手を払いのけようとしているのに対して
中学生が服の袖を離さずに応戦しているのに周りの人は奇妙に見えたのだろう
通りかかった50くらいの女性が「ちょっと、大丈夫?」と声をかけてくれた
「け、警察を・・・!」(←この時も男は逃げようと必タヒだったが服を離さず)
「どうしたの?何があったの?」
「痴漢された、この男に」
「まあ、貴方(女性の旦那さん?)!すぐに警備員呼んできて!!!」

続きます




560: 559 投稿日:2012/07/15(日) 02:20:47.06
続きです

警備員を呼んでくる間も服の引っ張り合いの応戦をする私
女性が痴漢男の前に立ちしっかり腕を掴んだ瞬間に男は床に伏せて観念したかのようになった
数分後に警備員が4名程到着し、痴漢男は取り押さえられた
私は女性に助けられながら事務所へ

警察がすぐに到着(SCの隣が大きな管轄の警察署)
すぐに連絡先を聴かれて家の住所と連絡先を紙に書いた
女性は「大丈夫?無理しないで、落ち着いて」と慰めてくれてた
壁挟んだ隣で痴漢男が取り調べを受けていたのだが
「こんなでたらめな住所書いて、なめとんのかあああ!!!」
机ばーんっ
警察官が怒ってた、怒り狂ってた
住所聴いたらその住所は誰が聴いても嘘だろ、って思えるものだった

30分も経たないうちになんと父が到着
その頃、プチ反抗期で母はともかく父とはまともに会話がなかった時だったが
父は当時激務でいつも帰ってくるのが終電間近で平日はロクに顔を合わせずに休日は会話もない生活だったが
平日の昼間にも関わらず私の為に駆けつけてくれて「よく頑張ったな」と褒めてくれた
数分後、母が到着して顔をみるなり抱きしめてくれた
今考えたらこの一件で父に対する嫌悪感や反抗期はかなり軽減したかのように思える

女性に連絡先を聴き、お礼をすることを伝えて
母は所要の手続き、父は私を連れて本屋へ
本屋に着くや否や「○○、余所へやってくださいって言った男はどれや?」
「あれ」
「○○、ここで待ってなさい。お父さんが話をつけてくるから」
その男を呼んで、父は言った(ここからは少しうぬ覚えだけどご勘弁ください)

ごめんなさい、また続きます

561: 559 投稿日:2012/07/15(日) 02:27:10.67
続きです

父「さっき、君は彼女(私)に何をしたか説明してくれないかな?」
男「ああ、さっき店前でぎゃーぎゃー騒いでた子ですか」
父「内容はちゃんと聴いてそういう判断を?」
男「・・・・は?」
父「君じゃ話にならないね、店長を呼んできてくれないか」
店「どうされました?」
父「先程ね、ここで痴漢があったんですよ。
私の娘が見知らぬ男に痴漢をされて娘は怖かったけど必タヒにその男を捕まえて助けてくれと叫んでいたのに、
その男は『やかましいので余所でやってください』と話も聴かずに突っぱねたそうだよ。
娘はこの時に恐怖を味わったと言っていた。お宅は店員にどういう風に言っているんですか?」
店「ええ?そんなことあったんですか?それは本当に・・・」
父「店長はそういう報告も聴いてなかったんですか?」
店「私は裏で作業をしておりまして、フロアは彼に任せていたんです。こちらの落ち度です。大変申し訳御座いません」
男「ただ、外でやかましかったから注意しただけです」
父&店「いや、そういう問題ではない」
結局、店長は平謝りだったが、その男からの謝罪は一切なかった。

父と私は車で家に帰り、母は20分後に事務手続きを終えて自転車で帰ってきた
痴漢男は駅前に住む1コ年上の男だと判明
どうもストレスか何かで魔がさしてやった、と言ってたそうだ
本屋からは図書券が送られ、あの男性店員はクビになったそうだ(正社員だったはず)

しかし、数日後に家に奇妙な封筒が届いた
中身は私の写真でいっぱい!その頃から私立の学校へ電車通学していた私は
下校時、友達との談笑やお買い物、寄り道、犬の散歩をする写真など
1週間分くらいの写真が日付つきで送られて来た。これが第2の修羅場
次で最後です

564: 559 投稿日:2012/07/15(日) 02:32:29.40
支援ありがとうございます、次が最後です


即、両親が警察へ相談
当時、ストーカー規制法とかなかった時代だったので警察もかなり難色を示したが
犯人は1週間後にあっさり捕まった
犯人が直々に我が家のポストへ投函する際にたまたま家に来た母方の祖母がその姿を見て
警察の専門の人に祖母の記憶を頼りに似顔絵を描いてもらったら痴漢男と一致
投函した封筒の中にゴムらしき物があり、その中身が精子と判明・・・
被害届を提出して、痴漢男はしかるべき施設に行かされることになりました
どうもあの痴漢事件後に推薦の高校が取り消しになり、嫌がらせをしたかったという事でした

その後、高校の時に痴漢男は2,3度見ましたが(隣の地区だし)
いつも自転車だったので走って逃げてました
あれから○年が経過して、私も結婚して地元を離れた為に以来痴漢男は見なかったんですが
本日実家に帰省したらSCの駐車場でその男と偶然鉢合わせしてしまい、ニヤニヤされた・・・
あの時の感情が出てきたので吐きだしたくてカキコ
お付き合いありがとうございました

565: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/15(日) 02:35:48.23
>>559
父ちゃんかっこええ
男は他の客と思ったが店員か!こいつが痴漢の次に最悪だわ
自分の犯罪行為のせいなのに逆恨みストーカーこええ…

566: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/15(日) 02:41:54.12
中学生が中学生に痴漢をするほど
中学生にもストレスのかかる世の中なのだなぁ・・・

567: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/15(日) 02:53:47.46
>>564
向こうが気まずさで564からこそこそ逃げ出すならともかく
その反応は気味が悪いな…。脅かすようで悪いが
いちおう警戒した方がいいかもよ。もしまた嫌がらせして来たら
今度は檻の中へぶち込んでやれ

568: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/15(日) 02:55:31.07
>>566
痴漢の言い訳をまともに受け取ってどうする

569: 559 投稿日:2012/07/15(日) 02:55:49.35
>>559
ストーカー規制法がなかった時代なんで今考えたら両親は相当大変だったと思います
スピード解決で助かりました。たまたま遊びにきてくれた祖母に感謝!
当時はお嬢様学校の私立で内情は金さえ積めば(ryを知らずに両親は入学させたのですが
夏の制服だけが相当可愛くて有名な学校だったので狙われたと思います
父への反抗で髪の毛はしっかり茶髪だったんですが、中身は不良知らずの真面目な奴でした
父との関係は今は非常に良好です。
痴漢男は隣の校区で家が近い友人に聞きましたが、今だに実家にいて働いているの?だそうです

>>560
当時は推薦の多い時代で公立中学校は内申書が命だったのでストレス溜まってたんでしょう


今日鉢合わせしたのが第3の修羅場にならなかったらいいけど・・・

570: 559 投稿日:2012/07/15(日) 03:08:39.30
>>567
ニヤニヤして同じ方向?に着いてこられているようで怖かったです
振り向くとニタ~っとしてました。妊婦だから里帰りしたのに・・・
もう相当前ですが、あれから実家の場所は変わってません
両親にはまだ話していませんので朝にでも話そうかと思います


>>566
推薦の高校が取り消しになったのは本当で警察から直々にお話しがありました
(今は個人情報の保護とかいうのがあり、今では絶対無理なことですね)
でも、言い訳をまともに受け取ることは今考えたら甘かったと思います
事務所で痴漢男が書いてた名前はともかく住所は偽物にも程があるやろ!と突っ込み満載でしたから
例えば東京都にすると『東京都埼玉区神奈川1丁目2-3』みたいな非常にでたらめ住所だったのです

572: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/15(日) 03:30:06.75
>>566
ストーカー規制法は2000年に成立してるから、少なくともそれ以前の話だね
昔から受験でおかしくなるっていうのはいたと思うよ

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1341926249/


1000: 名無しの心子知らず