898: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/04(水) 15:21:06.58
当時高校2年生、友人から知り合いとして紹介された7歳年上の彼は
容姿端麗、多才な趣味の持ち主ですごく格好良かった。
特に親しくなったわけではなかったけど、私が元カレに振られて落ち込んだときに
話を全部聞いてくれて、とても優しく慰めてくれた。
そして、そのまま流れるようにホテルへ。
さらに、流されるようにホテルへ。
阿呆だった私は、しばらくして「私たち付き合ってるの?」と確認作業。
彼は「不安にさせてごめんね」と優しく、流れるように(ry

デートといえば、家具屋やブライダルフェアに行くことが多く
結婚後の未来を語り合ったり、まさに幸せの絶頂だった。
その一方で、音信不通になることやドタキャンが続いたりがしょっちゅう。
人を愛するって苦しい…。でも、彼と結婚するために頑張らなきゃ!と、盲目状態。
そんな関係が半年ほど続いたある日、自宅に知らない女性から電話が。

「もしもし、○○(私)さんですか?」
「はい。どちら様ですか?」
「私、××(彼)の妻です。
慰謝料請求しますから、ご報告のお電話をしました。」

電話ガチャ切り。私フリーズ。
彼は結婚していて、3歳の娘がいた。
内容証明は届いてたかもしれないけど、放心状態でよく覚えてない。
両親には言えなかった。
これが一番目の修羅場。ここから怒濤の展開。




899: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/04(水) 15:21:23.85
彼は過去にタレント事務所に所属しており、当時からのファンが数名いて
親衛隊長のようなおばさん(彼より年上)を筆頭に
彼を援助していたらしい。
勿論体の関係もあって、慰謝料の請求は複数名にわたっていた。

裁判になる前、奥さんと話す機会があって何故か仲良くなった。
「○○ちゃんのことは訴えない」と直接奥さんから言われて、安心した。

裁判の結果離婚が成立したと奥さんから連絡があり、それ以来音信不通。
久しぶりに会った彼はとても落ち込んでいて、
彼を支えないと…!と血迷った私はそこから数年間バイトしたお金を全て貢いだ。

彼の浮気性は治るはずもなく、相変わらず親衛隊と続いていて、
私の存在を知った隊長から嫌がらせをされたりもした。
友達に紹介すると、大抵が彼の餌食になり絶交した。
彼の本性を知る高校の友人だけは、私に呆れつつも側にいてくれた。
何度も別れては、彼から「やっぱり俺には○○しかいない」と言われて
今度こそという期待を裏切られ続けたのが二番目の修羅場。

数えきれないほど別れを繰り返して、とうとう彼から連絡が来なくなった。
数年間荒んでいて、彼氏もできなかった。

今思うと元奥は不倫相手に暴走したものの、
結婚の事実を隠蔽したまま、未成年に対する淫行を続けてることが判明して
掌を返したんだろう。
当時の私は奥さんは苦労を共感できる仲間みたいに思ってた。阿呆過ぎる。

好色一代男は今どうしてるか全くわからない。
もう40越えてるし、さすがに貢いでくれる相手はいないだろう。
次男がさっき初めて「アンパンマン」と喋ったので記念カキコ。
ママじゃないんかという心境が最新の修羅場。

902: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/04(水) 15:40:57.82
>>898
それ修羅場やない、自業自得や!

903: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/04(水) 15:45:14.32
ホテルへ、そしてホテルへ

905: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/04(水) 15:56:19.88
奥さんの温情に甘えまくった挙句に
恩を仇で返すような過ちを繰り返したってわけか

907: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/04(水) 16:01:50.64
自業自得すぎる
せっかく奥さんが訴えないでいてくれたのにね

908: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/04(水) 16:02:54.98
自業自得過ぎて気持ち悪い

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1340680684/


1000: 名無しの心子知らず