479: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/03(日) 06:28:49.85
ぷちだけど個人的に修羅場だったこと書きます。
小学生の頃、私はとある癖が抜けない&おつむがよろしくなくて障害児かと思われていて、
父と母はそんな自分のことでいつも喧嘩していた。
父親は「女は家政科学校にさえいければいい」という人で母親は「しっかりと勉強してもらいたい」という人。
言い争いは結構な頻度で起きてたと思う。

そんなある日、突然母親に「お父さんとお母さんどっちがすき?」と聞かれた。
幼い自分は窓からおしり出しておしりペンペンしたり家の外に追い出したりする父親は嫌いだったので「お母さん!」と即答。
その後、知らない車に母親と一緒に乗って家から飛び出した。
ドライブだと勘違いしてる自分は大喜び。母親はそれを見てホロリ。
それから数日経って父親と会わないことに気付いた。母親に離婚って言葉を教えてもらった。
離婚の切欠は自分のおつむが残念なことだということに気付いてからが修羅場だった。

その後数年、父親はポケモンの人形をもって会いに来てたらしい。
でも、5年くらい経ってからは誕生日のメッセージすら届かなくなったとか。
文章めちゃくちゃであんまり面白い修羅場でもないですけど、成人記念カキコです。




484: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/03(日) 07:43:40.72
>>479
お母さんの望み通りしっかり勉強できたか?

485: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/03(日) 07:45:12.01
>>479
成人おめでとう。
自分語りですが、私と夫も、子供の教育のことで怒鳴り合いのけんかを繰り広げていた時期がありました。
離婚しようかと思った。でも、結局は離婚が一番子供の教育によくないという結論に達してとどまった。
479自身が書いている通り、あくまで479のことはきっかけに過ぎず、
離婚は親同士の問題です。できれば気を楽に生きて欲しいと思います。

486: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/03(日) 07:46:55.95
>>479
このくらいの修羅場ならけっこうな人が体験してるし、大人になってからの仕事のミスの方が
よっぽど修羅場だ
でも自分に降りかかったら確かにその年代では修羅場だよね

488: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/03(日) 08:26:39.36
>>479
聞かれた時に「お父さん!」って言わなくて本当に良かった
子供って日替わりで人の好き嫌い変わるから不確かなのになあ

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1338288752/


1000: 名無しの心子知らず