キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

2018年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
907: 名無しさん@HOME 2010/06/21(月) 18:16:03 0
帰省した時トメ友から来たイナゴの佃煮、娘が気持ちわるがって食べなかった。
帰った後タッパー詰めで送ってきた。これも酸味の薫りがプンプン。
トメ自分でもあまり食べなくて、冷凍庫にいっぱいあったの見てる。
あれを送ってきたと思われる。
「孫ちゃんが、食べられるように躾なさい。それが下さった方への礼儀
です。」との手紙つき。貰ったのはトメでうちの家族は通りすがりだよ。
あんたの息子ちゃんも食べなかったよね?子供の頃からあのおばさんが
くれるイナゴは苦手って言ったよね?ちゃんと躾ておけよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
877: 名無しさん@HOME 2010/06/18(金) 16:34:53 0
遠距離だから年に1~2回会うくらいだけど、電話や手紙ではいつも「嫁子
さんが良い人で、とても良かったです。いつまでも仲良くしましょう」を
欠かさないトメ。

でも、どうやらトメにとっての良い人っていうのは「都合の」良い人らしい。
子供がいないからいつでも呼び出せる、大抵の事はトメよりも知っているから
冠婚葬祭は任せられる…等々。
その証拠に、お礼と称してイヤゲ物を押しつけるし、何か困った事があったら
相談してねと言いながら、まともに話を聞こうとしないし。

絶縁するほどのネタでもないし、表面上は平穏な関係。
私だけがウザいな、ムカつくな、いやだなと思うだけ。
良い嫁キャンペーンはとっくに終了したってことを身体でwわからせて
やりたいなぁ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
853: 名無しさん@HOME 2010/06/18(金) 06:56:49 O
まだ挙式は先なんだけど既に

・使い古しの食器
・使い古しのタオル
・使い古しの生活雑貨
・大量の手料理
・大量の果物(お供え物)・賞味期限切れ又は間近の醤油、油、味噌、生わかめ、調味料
・スーパーの袋に直に入れられた米約5㌔

などでマーキングされた…
まだ私の一人暮らしの家なのにorz

さらに偽実家の真正面に土地購入したらしく、慌てて新居用にファミリー向けの物件借りましたw

実母があまり気が利くタイプじゃなくて、最初はトメさんが色々気にかけてくれて嬉しいと思ってたんだけど…
「家族なんだから」「本当の娘と思ってる」「(白無垢勧めてきて)何色にも染まらない綺麗な姿で」「嫁子さんをいただくのだから」などのウザ発言もあり…

このスレと現状を照らし合わせた結果、面倒なことになる前に予防策を考えるようになりました!
みなさんありがとうございます!!

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
849: 名無しさん@HOME 2010/06/17(木) 19:45:00 0
19時半くらいのウザい電話

トメ「孫くん、試験なのよね?応援したいから電話に出してくれる?」
私「今塾に行っているのでいません」
トメ「なんで塾なんか行っているの。学校の試験ができないと困るでしょ。
そういうときは休ませるものだ。嫁子さんは要領が悪いから」
私「あーそうですねー。じゃ、おやすみなさーい」

いつも思うけど、今日も早く師ねと思った。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
833: 名無しさん@HOME 2010/06/17(木) 10:25:25 0
うちのトメ、母の日の私からのプレゼントは「今までで一番美味しくなかった物」と
わざわざ電話してきた。

更に「貰いっぱなしで借りは作りたくない」と言って、『手作りの煮物』を送ってきたけど
砂糖&醤油たっぷりで真っ黒に煮しまった牛蒡やら大根やら・・・。
一口食べたら歯にしみる位の濃厚な味付け。

出来ることなら「とてもじゃないけど食べられない」と言い返してやりたいところだけど
ここは私が一つ、大人になってやろうと我慢。
それでも夫には「贈り物にあんな言い方、相手への思いやりの欠片もないね」とはつぶやいた。

そうしたら夫が後日、トメに電話で激しく叱りつけたらしい。
(トメが私実家に電話してきた際に判明。一応、最愛の息子に叱られてしょげてたらしい)

普段、割とトメと私の間に入ってものらりくらりとかわしている風だった夫だけど
今回はちょっと見なおしたよ。


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
828: 名無しさん@HOME 2010/06/17(木) 01:08:24 0
の両親が海外旅行に行くことがトメの耳に。
シルクの生地を、「ディナーの時いいでしょ」と渡された。
「生地」??だったが、母に渡し、母はそれなりのお礼を言ったし、
お土産も考えていた。その生地が大昔の貰い物なのは知っていたが。
その後トメがうるさいうるさい。「どんな服に仕立てたのかしら?その
服来た写真くれるわよね?」
母曰く、「趣味じゃないし、仕立て代かける気にならないし、旅行に
シルクは必要無いし…」今からじゃ仕立ての時間が無いということにした。
トメ、「せっかくあげたのに持っていかないなんてがっかり、がっかり、がっかり。」
トメは人に物あげると、追跡するんだ。うちに貰い物のハムくれても
どうやって食べたかしつこく聞く。とにかく粘着。
仕立て代かけろって失礼だろ?お仕立て券つけろ!ちなみに柄はベージュに
茶色の大きな薔薇模様。鉄さび色のシミが点々。実家から回収してきて、
そのシミが良く見えるように畳んで返してやった。「シミを避けて
仕立てるのがかなり難しいと言われたそうです。(ほんとに言われるだろう)」と言って。
母の友達がオーダーの洋装店やっていて、時々頼むのが妬ましくて
出来上がった服にケチつけようとして生地よこしたんだと気付いた。
二度と実家への品は受け取りたくない。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
754: 名無しさん@HOME 2010/06/14(月) 17:39:04 O
晩ご飯の支度が終わった頃にトメがまぐろの刺身を大量に持ってきた
今日中に食べてねぇ~のお言葉付き
私は生物が食べられないので旦那に責任持ってもらう
私は旦那の大好物の唐揚げをたらふく食べる
それにしても旦那一人しか食べないの知ってて何であんなに大量に持ってくるんだか
ホントにいやげもの

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
712: 名無しさん@HOME 2010/06/09(水) 17:17:43 0
2度目の浮気発覚で旦那追い出し中。
トメから2度目の半泣き電話。
しかし、あれだねトメつーのは何で人の話を聞かないかね。
こちらの話を遮って、さっきと同じセリフを繰り返すかね。
会話が被さって2カ国語放送みたい。
「そちらに行って謝りたいの!」
「もう結構です。必要ないです。迷惑です。」
「じゃあ、今から行くね!」
「だから・・・お話する事はありません」
「30分で行きます!」
話聞けや!ババァ!
離婚カウントダウン入りました~。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
703: 名無しさん@HOME 2010/06/08(火) 09:56:01 O
うちに来るとき、手ぶらでは気がひけるのかトメなりに気を使って手土産を持ってくる

・賞味期限当日のチルドしゅうまい1箱
・期限の切れたトマトジュース2本
・カップめん(ペヤング)
・へんなゼリー菓子(多分仏壇にあげてたやつ)・アクリルたわし(手作り)
・紙袋一杯の柿
・使い古した風呂敷(髪を染める時のケープに使えと)
・レバー煮
・ラベンダーの香り袋(トメ友のお土産?)
・コウトが釣ってきたイカ
・柿の種(小袋。カレー味で珍しいのよ~、と)

など。
多分家の中にあるものを適当に持ってきてるんだろう。
毎回ラインナップに全く節操がなくてちょっとびびる。
イヤゲものというほどではないけどいらない。
そんなものより来る前に電話の一本もしてくれたほうがずっと嬉しい。
来ないともっと嬉しい。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
691: 名無しさん@HOME 2010/06/07(月) 13:39:59 0
トメから夫宛てに毎週末電話が来る。
「今日何してるの~?」
用事があると言えば便乗しようとし、家でゆっくりしてると言えば凸され、
(夫が)休日出勤だというと孫だけ連れ出して あ げ る  とうるさいので、
ここ数カ月、夫は一切の電話を取らなくなった。

昨日、休日出勤だった夫は携帯を家に忘れて行った。
会社関係から電話が来るかもしれないから、着信があったら会社アドにメールして教えて、
と言われ、私が管理することに。
トメから36回にわたって電話が来たよ…orz
メールもできるトメのくせに、1回もメールなし。
1回の着信につき、1分以上のコール。
数回鳴らして出ないから諦めたかと思いきや、また30分後に鳴らす。
浮気を疑う新妻ですか?
とりあえず「気が狂いそうだった」とだけ夫に感想を言っておいた。

  続きを読む

このページのトップヘ