キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

2017年09月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
389: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/16(土) 08:29:25.29 ID:ZCGLsSsb
うちのお婆ちゃんの武勇伝?

うちのお婆ちゃんは都会で一人暮らしなんだけど、例によって孫の俺を名乗る人間からオレオレ詐欺が掛かって来たらしい。
俺(偽物)はお婆ちゃんに、鞄無くしたお金がすぐに100万必要で、会社の人を向かわすからお金渡して欲しいって話をしてきたらしい。
お婆ちゃんは快諾して、持っていたお金を封筒に入れて、その来た詐欺師に渡したらしい。

ここからが武勇伝。
お婆ちゃんが渡したのは100万円じゃなく3万円と手紙。
手紙には、「貴方が○○(俺)で無いことは分かっていましたが、何か事情があってこんな事をしてしまったのでしょう。お金は差し上げます。だから何か元気になる食べ物を食べなさい。」とかそんな事を書いたらしい。

後日、郵便受けに3万円とクシャクシャのレシートが入ってて、レシートの裏に「ごめんなさい」と書いてあったらしい。

なんかスゲーと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
350: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 19:18:56.62 ID:BrPrPo9q
叔父叔母が経営していた会社の資金繰りが悪化し、身内に借金を重ねるようになった
ある日の14時頃、帰宅したら父(年金暮らし)が電話でかなり大声で話ししていた

「いい加減にしてくれ!
 最初は20、先月は30!
 それも返さないうちに今月は50か!
 貸さないとは言ってない!
 身内だから協力するのは当たり前
 約束を守ってくれと言ってるんだ!
 あんた必ず返すと言ってたんだから、まず今まで貸した20と30、併せて50返してくれ
 え?なら100貸してくれ?しょうがないなあ
 約束は必ず守ってもらうけど、金の貸し借りはこれが最後だぞ!
 繰り返すけどまずあんたが50振り込め
 それを確認したらこっちから100振り込むから」

父は銀行に向かい、15時過ぎに帰ってきた
「まずこっちが貸した50万円は確かに戻ってきた
 でもそれも15時5分前、窓口が閉まるギリギリ前だった
 だからこっちも大急ぎで振り込んでやったさ
 約束通り100円を」

→叔父叔母の会社不渡り→あぼーん→破産手続き→債権者集会→以下略
父は「50万のうち49万9900円は返ってきたからよしとしよう」と言ってた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
338: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 17:51:34.43 ID:+pyydNie
自分の武勇伝じゃないけど投下。

昼食時によく行く飲食店でいつも通り食事をしていたら、中年ぐらいのおじさんが何人か入ってきた。
そのおじさん達、席についたらやたらデカイ声でペチャクチャ話しはじめて、うるさかった。
なんか色々話した後、急にゆとり世代云々とか言い出してきた。
内容も酷いもので、「ゆとりは使えない」「ゆとり世代は屑」みたいな悪口を大声で延々と喋っていて、正直気分が悪かった。
周りの人も迷惑していたのか、おじさん達を白い目で見ていて、見兼ねた店員さんがおじさん達を注意した。
そこでやめるかと思いきや、おじさん達は「人の話に口出しするな!」「雑談して何が悪い!」
「俺達は客だぞ!」「お客様は神様って言葉を知らないのか!」などと、わけのわからないことを言ってきた。
注意した店員さんが若い人だったから、ここぞとばかりに「これだからゆとりは」と、罵倒し始めた。
すると隣にいた2人の高校生ぐらいの男の子の一人がおじさん達のところに近付き、
「ここはみんなが利用する場所なんだから、周りの人に迷惑が掛からないようにするのは当たり前だろ。
大体、お客様は神様ってのは店側が言う言葉であって、客が言う言葉じゃないだろ。
大人のくせにそんな事もわからないのか?餓鬼の俺でもわかるのに。」と言った。
するとおじさん達、顔真っ赤にして「大人にむかってその口の利き方はなんだ!」「この礼儀知らずが!」と責めてきたが、
連れの男の子が「あんたらが馬鹿にしてるゆとり世代に窘められてるけど、今どんな気持ち?ねえ、どんな気持ち?」
と言い、おじさん達は「こんな店二度と来るか!」と、さっさと会計を済まして出て行った。
その後、男の子2人は何事もなかったかのように食事と雑談を楽しんでいた。

ゆとり世代にも、普通に能力高くて何でもできる子はいる。
確かに、私含め使えないゆとり世代もいるけど、若者を「ゆとり」で一括りにして非難するのはやめてほしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
332: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 17:25:37.26 ID:emUuT7Vm
スレチかも?

帰国子女であることを全力でアピールしてきてた友人A。
卒業旅行で、海外旅行のツアーに5人で行ったときも、そもそもツアーとして申し込むことさえ
「ザ・日本人って感じ。旗の後付いてくだけで行った気になるつもり?でも、ま、みんな日本語しか喋れないからしょうがないっかー」
と、地獄のミサワ風に、私たちを一生懸命小ばかにしていた。

そんなAは、現地で地図や矢印を見ることを拒み、地図見た方が早いのに、通行人を呼び止めて道を尋ねたがり
観光客の多い場所を嫌がって、路地裏に入りたがり、地元民向けの店に入りたがった。
上記の行動は、「~したがる」だけで、「じゃ、ここから別行動ね」「私たちはこうするから」と言えば「あなたたちには私がいないと!」
と言って、行動に移す度胸は無かったみたい。
最終的には、観光地でフレンドリーに話しかけてきた現地の男性に嬉々として受け答え、どう見ても毛糸の端っこみたいなミサンガを一万円相当で買っていた。

お土産買うにも、中一レベルの英語で十分通じるのに(というか、行った国は英語圏ではない)、ちょっと難しい?言い方に拘ってたみたいで
店員さんも困惑。困らせるのはまずいと、間に入って、Aに「どれがほしいの?どうしたいの?」と通訳に入ってやった。
(とは言っても、「ディス ワン プリーズ」位の英語力でした)
どうも、これが一番屈辱的だったようで、それ以降、二度とAの口から英語自慢が出ることは無かった。

Aの「帰国子女」を主張してきた理由が「修学旅行で海外行ったから」とみんな知ってたので、生暖かく見守っていたけど。
Aが私たち以外の人に極力迷惑かけないよう、本当に危ないことしないように見守ってるのは、大変でもあり、(性格悪いかもしれないけど)楽しくもあった。

英語が絡まなければいい友人だったので、最近になって「あの頃は本当に…」と謝られたのでカキコ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
327: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 11:58:10.76 ID:piMakm3H
若干のDQN入ってるけどひとつ。
駅のホームで先発の電車が行ったので次発の列から先発の列に
移動したら爺が横入りで先頭に入ってきた
「並んでいるんで後ろに行ってください」と言ってもどく気はない。
しょーがないからそのままにして電車が来ていざ入ろうって
時に爺の靴の踵部分を踏んで靴を脱がせてそのまま線路内に落としてやった。
当然爺はあわてる。それを横目で見ながらちょうど爺を見物できる位置に座って
気分よく電車は出た。

続きを読む

このページのトップヘ