キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

2016年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
183: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/11(月) 03:05:56.26
ちょっと記憶が飛んでいる部分もあるとは思うけれど、投下。

私の両親はとても仲が良く、どちらもどちらにべた惚れ状態。
両親は自営業をしていて、職場が車で1時間程度。いつも母親が早くに帰ってきていた。
母が早くに帰ってくると言っても、仕事に切りがついてから。
そのため、夕食が出来上がる時間までは習い事に行き安全な時間を確保させてもらっていた。
毎日、色々と習い事をさせてもらえていたことは環境のせいとは言え、とても感謝している。
私は兄と一緒に習い事に通っては、覚えの悪い私を兄は「おまえのペースも大切だ」と言っていた。

私の休日(土日)になると、私は自営業先に両親と一緒に行き
両親と一緒に夜に自宅に帰ってきていた。
夏休み、冬休みなど長期休暇はあってないようなもので、一緒に旅行に行ったのは
今でも鮮烈に覚えている2カ所だけ。

自宅は私家族+母方祖母の5人暮らし。
祖母はとても良いまじめな人なのだけれど、当時の私には辛かった。
やはり、親を見ると嬉しく思う年頃だったので
「私の前では違う態度、この子は二重人格!!」といつも言われていた。
みんながやっていたように、家事の手伝いをしてみたいと思い、申し出ると
「私のやり方が気に入らないの!誰に言われたの!!」と、やらせてくれない。
それでも、かって出てみると「ジト目」で見てくる。家の手伝いは、やってはいけないことだと思った。
「みんなが夕飯のサラダを作った、とかシチュー作ったっていうの、私もそうやってお手伝いしたみたい」
と兄に言うと「おばあちゃんは大切にしなきゃいけない、嫌でもおばあちゃんの料理が食べられない時がくる
 それまでは、甘えさせてもらおうよ。だから、その後は○○(私の名前)の味しか食べれないんだなー」
と言うので、祖母の料理をいただけたり、家事を目の当たりに出来る風景が、とても誇らしく思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
156: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/10(日) 19:39:34.65
私の修羅場
中学の時、兄の友人に告ったら
「俺、お兄さんが好きなんだ」って言われたこと
当時ゲイなんてパタリロでしか知らなかった
友人は兄にその5年後くらいにカムアウト&告白したそうです
付き合いが長かったので兄はやんわり断ったあとも友達付き合いしてたけど
だんだん疎遠になったそうです

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
126: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/10(日) 12:08:59.86
中毒症でサンダルが履けないくらい足が浮腫んだのが修羅場。
陣痛がきて入院して、ナースステーションから一番遠い個室ににいたのに、痛みのあまり絶叫して「ナースステーションまで聞こえるよー!!」と看護師さんが飛んできたのが修羅場。
痛みのあまり分娩台で体がまっすぐにできなくて先生をブチギレさせてしまった修羅場。
入院中すべての看護師さんにそれが知れ渡っててて冷遇されたのも修羅場。
もう恥ずかしくて病院に近寄れない。
昨年夏のこと。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
106: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/10(日) 09:51:20.30
豚切りすいません。


人生最大の修羅場、私はトイレで出産しました。
別に妊娠を親に隠して家のトイレで・・・とかじゃなく、病院のトイレで。

もちろん妊婦健診も足しげく通い、両実家にも妊娠したこともも出産予定日もつげ、
夫も妊婦の私をいたわってくれ、職場でも年配のパートさんたちに
「元気な子がうまれてくれればそれで十分よね~」と会話し、
安定期に入ったら虫歯治療した方がいいというから歯医者にも通い、
それはそれはほほえましい妊婦生活だったのに、
まさかトイレで出産するとは自分も想像だにしなかった。

その病院は地方の某総合病院。
陣痛が始まったので夫に連れられて病院に行き、
はじめはちょっとした生理痛?くらいの痛みだったのがどんどん痛くなる。
私は痛みにこらえて夫はおろおろ。
朝は子宮口3センチくらいで
看護師さん「今日の夕方ぐらいには生まれるかな」だったのが
その二時間後には子宮口は7センチまで開いて
看護師さん「あれこれ午前中で生まれそうだわ」に。
あとで知ったのだけど、私の母は安産体質で、その体質は娘にも遺伝することが
あるという、私はまさに安産体質だった。
つまり子宮口がすぐに開いて赤ちゃんが生まれるまでの時間が短い。
(安産っていっても痛いものは痛いけどね)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
87: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 23:24:10.75
結構前の話。
電車で痴漢してたおっさんがいた。
大人しそうな中学生が無表情に手を払い除けたり座る場所を変えてるが、
諦めずに物をにぎりつつ中学生をさわりにいく痴漢。
友達と二人でと相談した結果、
びびりながらもとりあえず攻防を繰り返す二人に話しかけに行くことにした。
おずおずと話しかけようとすると痴漢されていた子がぶちギレた。
泣きながら持ってる鞄を痴漢の顔にバコーン。
勢いづいたのか鞄と蹴りで痴漢をボコボコ。
私らも逃げ出す痴漢を止める為に加勢。
非力ながらも三人がかりで痴漢を捕まえた。
次の駅で降ろし警察につき出すことに。
駅につき駅員を探そうとすると痴漢ダッシュ!

「そいつ痴漢です!!捕まえてください!!」と叫ぶと近くにいた大学生っぽいカップルとギャル達が、
ばっと壁を作って痴漢の行く手を阻んでくれた。
逃げる場所を間違ったのか痴漢は線路内に落っこちた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
17: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 15:05:24.84
私は父が不在の深夜に横で婆ちゃんがタヒんでいくのが判ってたよ
まだ6歳だったけど
怖くて布団の中で震えを我慢して寝たフリが精一杯だった
一緒に寝ていた母はのんびり親戚(祖母の娘で父の姉)に電話してて
何故あの時に救急車を呼ばなかったのか
救急車呼んでたら祖母は助かってたかも、と思う時がある
当時、介護疲れで母のヒステリーが何よりも恐怖で
誰にも言えず、葬儀中も嬉々として鏡の前でめかし込んでた母が怖くて
大人になった今ではもう何年も会ってない
それ以前に毒親だったんでもう会う予定もないけど

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
11: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 14:32:02.84
軽く修羅場。
見てないけど。
祖父は寝たきりで自宅介護だった。
朝、母が世話しに行ったらタヒんでたらしい。
タヒ因は老衰。
寝てる間に逝ったらしい。
同じ部屋にいた祖母は気づかず祖父を挟んだ場所にあるテレビを見てたらしい。
救急車呼んだけど既にタヒ後硬直してたとか。
その後の葬式だなんだで結局実家と絶縁したけど、目の前でタヒんでることに気付かずテレビを見てたとか自分だったら絶対いやだな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
977: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 00:54:09.07
中学生の頃等質と誤診され、閉鎖病棟に数年間強制入院させらたこと。

副作用だけで腸閉塞になるくらい薬漬けにされて廃人に。
精神状態は日に日に悪化して自傷行為が始まり、刑務所みたいな保護室に手足を拘束されて過ごすこともあった。
こんな生き地獄(病院)に置き去りにした親を恨んだし、等質じゃないことを信じてもらえなくてショックだった。
まだまた子供だったんで、親に捨てられたという思いで絶望した。
そして青春を失ってしまった。

でもその後いい先生に出会え社会復帰できました。
当時の写真を見るとまるで別人で、顔付きが完全にヤバいです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
917: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/08(金) 09:09:10.23
鬱病の薬の副作用が強く、
暴れたり、自杀殳したり、物忘れがひどくなって動かなかったり
薬をぜーーんぶ止めて、脳内物質を安定させる薬だけにしたら
即治ったよ。家の兄貴。
これで精神病患者の薬漬けは反対派になった。
薬のお陰で楽になってる人は多いと思うけど、
合ってない薬をジャンジャン処方されて、人間としての何かを壊されてる人が多い

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
912: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/08(金) 08:40:06.16
5年ほど前の出来事。
他の方に比べたら笑い話みたいなものなので、お茶受け程度に。
ちなみに下の話なので苦手な方はスルーを。

当時鬱で1年半ほどカウンセリングと投薬治療を受けていた。
薬の副作用で健忘があり、それが本当にひどくて
数秒前のことをコロっと忘れてしまうようになってしまった。
このまま飲み続けたら廃人になってしまうかも!?
だいたい薬で鬱が治るのか?と懐疑的になってしまい
医者に何の相談もなく数種類飲んでいた薬全てを飲むのをやめてしまった。
断薬一日目、特に何も変化なし。
何だ、やっぱり薬何かいらなかったんだ~。

続きを読む

このページのトップヘ