注目の人気記事

2016年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
797: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/19(火) 14:48:16.36
あー学生時代付きまとわれたわ、その手の自称霊能力者に
まあもういっちょ斜め上で前世の奥様だったけどね、その子
所謂ムー民とか転生戦士とかの類
同人誌即売会(オタクに市民権がない頃)の会場でいきなり手をとって必タヒでアトランティス(笑)だったかレムリア(笑)での思い出、を語りだして周囲も私もドン引き
以降別の同人友経由で住所も学校も割り出されてストーキング、ストーカーどころかつきまといって言葉すら流行ってない当時なんで警察も痴情のもつれで全スルー

結局祖父が弁護士入れて接近禁止?を勝ち取ってようやく逃げられた
相手の親もあなたに会ってから娘が明るくなったとかで生贄にする気まんまんで役に立たなかったし
でも何が見えてるんだろうねあの手の人って、当時は出川哲朗と松崎しげるを足して割らずに曙のボディに載せたようなキモブタだったのにね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
782: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/19(火) 12:05:52.45
高校の頃から付きまとわれていたストーカーのA子が、義兄の婚約者として
現れた時にはぞっとした(私もA子も女性です)
ストーカーと言っても、いたずら電話やメールなどの嫌がらせを受けた訳では無い。
「あの人の守護霊はとても強いから、私の周りの悪霊を追い払ってくれるの」
という訳の解らない理由でつきまとわれた。
高校に入学してすぐに近づいて来たんだけど、話しかけるでも無く、ニヤニヤ顔で
ただただ傍に居るだけ。
部活が終わるまで教室の外で待ってるし、校門から家の前まで着いてきた。
A子と同じ中学だった子に聞いたら、小学生の頃から霊が見えると自慢げに語り、
意地悪されると「呪ってやる」、誰かが怪我すると「私が呪ったからよw」と
ニヤニヤ笑う姿が不気味で、とにかく気味悪がられていたらしい。
担任が注意してくれたけど効果はなく(直接嫌がらせをされた訳じゃないので
注意以上の事は出来なかったが)「あれは気味悪いよなぁ」と理解してくれて
A子に進学先を漏らさない様、協力してくれた。勿論級友も。
おかげで、無事に別の県の大学へ進学できた。
ちなみに、A子の母親は受験前に「娘と同じ大学に行け、一緒に暮らせ」と家に
突撃してきたようなキチ。
担任にも私の進学先を教えろと詰め寄ったらしい。
幸い父親はまともで、謝罪しに来て、娘を精神科の医者に診せますって
約束してくれたが、大学入学後、アパートの前でA子の姿をみかけたので、
即A子の父親に連絡した。
A子は自分の大学を休んで、私の親友のアパートを張り込み、郵便物を物色して
私の手紙をゲットしたらしい。
この時ばかりはA子の母親も真剣に対応してくれ、父親のコネで強制的に?
入院させたらしく、その後姿を見なくなった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
749: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 21:22:17.90
中学校に入って間もない頃、イジメという程ではないけど同級生とトラブルになってしまった。

私以外の登場人物
A子:中学入学と同時に他地区から転入してきた。私と席が隣同士。
B子:A子と通学路が同じ。私とは小学生の頃、習い事で面識あり。
C子:B子の小学校からの親友。
D君:B子が小学校の頃から好きな男子。隣のクラス。

通っていた中学校は町内の全部の小学校から生徒が集まる学校で、山あいの小さな小学校出身の私は、知ってる人より知らない人の方が多い状態。

でもまあ、それなりにA子、B子、C子と友達もできて、うまくやれてたんだけど、ある日突然B子から
「D君の事好きなの?!好きなんでしょ!」
とかなりの怒り口調で聞かれた。
どうやら、D君が私の事を好きらしい、という噂を聞いたらしい。
D君については、B子が事あるごとに「D君カッコいい」を連発していたから苗字だけは知ってた。ていうか苗字しか知らない状態。
なので
「いやいや、名前しか知らない人の事を好きかどうか聞かれても困るんだけど」
っていうしかないのに、その日から毎日放課後、バス(私の住む地区はバス通学)の時間ギリギリまで捕まって「D君の事好きなクセに」だの「付き合えばいいんじゃない?」だのブチブチ言われた。
この間、A子C子のフォロー一切なし。
とりあえず何日かは耐えて行動を共にしてみたけれど、同じ事をブチブチ言われる面倒くささその他諸々に耐えかねて、B子たちから離れる事にした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
746: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 20:22:49.04
産後二週間で夫に自さつ未遂された時、が一番修羅場だった。
弟が糖質発症して、テレビから受信出来るようになったのに直面した瞬間が次点。
自分に難治性の腫瘍が出来て告知された時のほうがダメージ少なかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
735: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 18:47:38.70
母親に土下座したのが一番の修羅場かな、母親関連は全部修羅場だけど

私が二十歳になったころ、父親と母親(糖質&宗教信者)が離婚
母親はその頃別の男にアプローチかけられてて、その男が金持ちらしく、
稼ぎがいい=宗教にもっとお布施出来る!で喜んで緑の紙に判を押した
親権は父親になり、私と弟はこれで母親と離れられると大喜び
・・・が、何故か数か月後に母親が引っ越した家の前に立っていた
私には「お父さんが家を教えてくれたのー」と話したが、そうではなく
その数か月の間に水面下で 離婚は不当だと訴え→離婚調停→父親が
住所の届け出→住所を知って押しかけてきた って流れ。男はどうしたorz
宗教の人に吹き込まれ薬を飲んでない糖質患者の相手をしなければならなくなった
しかも宗教の教祖様より父親の方が高次元の魂、という事になっており、
宗教の教えはそのままに、父親に信仰心を持っている糖質。どうしろと
警察は民事不介入、家族なんでしょ?話し合えばわかるよ!状態

続きを読む

このページのトップヘ