キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

2015年12月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
516: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/18(土) 16:21:09.74
高校生の頃、友達と遊んで家に帰ったら父が物凄い形相で玄関に出た
何かと思ったらお母さんが出て行ったと一言
弟が塾から帰って来るのを待って、父は母にはずっと前から男がいて
今日それを責めたら飛び出して行った、もうあんな女とは
暮らして行けない、離婚すると話した。弟はショックを
受けてたみたいだけど私は正直フーンだった。父は日頃から
高圧的で暴言もひどかったから浮気されてもしょうがないんじゃね?
という気持ちだった。それから母が帰って来るまで母がいかに
ひどい女で自分がどんなに傷ついていたか散々聞かされたけど
よく覚えていない。母は一週間もしない内に帰って来たけど
その時には離婚の準備をしていた。それで分かったのは
母は浮気なんかしていなくて、その日父はまた仕事のストレスか何かで
母に八つ当たりの暴言を吐いたら怒った母に言い返されて切れてしまい、
殴って追い出し玄関にカギかけて入れなくしたんだと
後からまずい事をしたと思った父は私と弟を味方につけようとして
嘘八百を吹き込んだらしい。ただ父なりに浮気の根拠はあったらしいが
それも職場の上司の新築祝いに部下一同が贈ったプレゼントを
母含む数人が買いに行っただけの事を邪推したらしかった
私も弟も母側につき、離婚話はわりと早く進んだ
その間、父が私を懐柔しようとして(後から知ったが弟には
殴られかけたので近づかなかったらしい)いかに自分が可哀相か
母がいかに薄情か聞かされ続けた。うざいが聞かないと発狂するので
ストレスが半端なかった。たぶんこの時が今までの人生で最大の
修羅場だったと思う。今はもうどうしてるのかも知らないけど一生知りたくない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
347: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/17(金) 21:45:13.94
兄嫁(40代後半、岩に似てる)に迫られたので、拒否して逃げた。

数日後、兄から実家に召喚され、いってみたら親族一同勢ぞろい。
兄に胸ぐらつかまれて「うちの嫁に暴行したな!?」と言われた。
「いやいや、俺だって男だから!あれは無理!抱けない!」と繰り返したら父がいきなり爆笑しつつ
「だよなぁ。俺もそう思うわww男として無理無理」と失言ぽろり。
途端に女性陣から浴びせられる罵詈雑言。
父息子揃って女性の敵扱いに。

幸いにしてアリバイが証明されて兄嫁の狂言ということが判明。
兄嫁は家を追い出されたが、嫁にぞっこんの兄が追いかけて行ってそのまま2人して音信不通に。
そして未だに女性陣からハブられ続ける俺と父。なんもしてないのに('A`)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
341: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/17(金) 21:15:05.52
もう20数年前の話。フェイク込みなので矛盾はスルーで。

父親が相当なDV男で、母親は鬱に。
私も暴力を加えられていたが、あるとき暴力に性的な要素が入ってきて(未遂)、耐え切れずに家出。
被虐待児のシェルターをやっている家にお世話になりながら、日雇いの肉体労働でお金を貯めてた。
早くお金を貯めて母親を助けたかったから。
自動車の免許取って仕事の幅が広がり、更に大型免許取得可能な年齢になってから即座に大型取得、
地元から離れた土地で運送屋として働いて、遊ぶこともお洒落もせず、ひたすら貯金に励んだ。

その甲斐あって、成人して数年後にはかなりの金額がたまったので、ずっと練っていた計画を実行。

日雇い労働時代の仲間や運送屋の仲間に協力を募り、父親の不在を狙って実家に凸。
嫌がる母親を連れだし、母親の荷物と一緒に私運転のトラックで他県へ。
その間、仲間たちが父親の荷物をすべて運び出して業者に払い下げ。
家賃を滞納しているという話だったので、大家に連絡し、滞納分の家賃と部屋の鍵を渡した。

父親が帰ってきたとき、そこにあったのは鍵を交換された空っぽの部屋と、部屋の前でたむろする
どう見ても堅気じゃない男女。
数年離れていても私の顔を覚えていたらしく、つかみかかってこようとしたが、私の仲間が取り押さえた。
「訴えてやる!」と騒ぐので、「どうぞ、お好きに。警察に言ったら父さんの○○なこととか、●●なことも
全部明るみに出ちゃうね。いいのかな?」と父の過去の悪事(犯罪)をばらすよと脅迫。
鼻先に父の荷物を売った金+αを突き付けて、これ取って黙って去れ、二度と母と私に関わるなと言い渡して解放。
修羅場らしい修羅場ではなかったが、人生の枷が外れた気がして大泣きをした。

ちなみに母のほうは、私が他県に用意したマンションに連れて行った。
当初は父のもとに帰りたいと言っていたが、そのうち洗脳が解けたようで、弁護士を挟んで離婚手続きを取り
今では赤の他人に。

私は父と絶縁したのち念願の大学進学、資格を取って就職。今は母と夫、息子で幸せに暮らしている。
父親にしたらとんだDQN娘だったろうけど、あの時行動に出てよかったと今では思えている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
310: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/17(金) 18:57:55.73
10年位前のこと。
バレンタイン前夜に本命彼氏にフラれ、せっかくの手作りチョコがもったいなくて
既婚上司にあげたら、ホワイトデーに奥様手作りの超激ウマかつ豪華なケーキが返って来た。
プロ顔負けのあまりの旨さに、ことあるごとに上司に贈り物(お中元とか)をしては
奥様のケーキをお返しにください!と言っていたところ、上司にモーションかけてると勘違いされて
ある日突然会社にやってきた奥様に平手打ちされ髪掴まれて蹴られ泥棒猫呼ばわりされた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
266: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/16(木) 23:42:30.47
オッサンの昔語りだけど。
原付の免許取ったばかりの頃、当時はまだヘルメットが義務化されて無かった
ある日、車一台がようやく通れる道を走ってたらカーブ曲がったところで一台の計トラに出くわした
左側は石垣と電柱、右側は民家と言うシチュエーションでどこにも逃げ場がないまま正面衝突
どういう風になったのか、頭も打たず石垣と電柱の間にすっぽり挟まって体が止まった。
運転手は「殺しちまった!」と真っ青な顔で車から降りたら、跳ねた相手がむくりと起き上ったもんだから、
腰が抜けるほど驚いたらしいw
まあモノを知らなかったというか、その場で警察も呼ばなきゃ救急車も呼ばなかったんだから
暢気なもんだと言えばそれまでだけど、結局後日原付買い換えて貰っただけで終わっちゃった。
心の汚れちゃった今なら思いっきりふんだくってたかもしれないが。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
122: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/16(木) 11:24:57.05
ふと思い出したので、流れ読まずに投下。
今では奥さんと、「あの時の270度ターン」と言っている笑い話。
冬で、まだ住んでる所がスパイクタイヤOKだった頃の事。
車の事や雪道走行を知らないと、想像しずらいかもしれない。

住んでた地域は北海道東部で、冬は雪はそれほど多くないが、
除雪車が通ったりする。
車道と歩道の間には、どけた雪で、1.5m以上の雪山が点在する状況。
道東は寒く、いくら除雪するとは言っても完全ではない為、
道路は踏み固められた雪がアイスバーンになる。
その上を車が通るから、交通量の多い道路は轍ができるんだけど、
その時は多分深さ2~3cmくらいだったんじゃないかと思う。

そんな街中の、そこそこ交通量の多い片道1車線
(とは言っても1車線にギリ2台並べる)の道路を走行していた。
交差点を先頭で信号待ちしていて、青になったから発進。
交差点を過ぎて15mほど直進後、その時は多分速度20km/h出てるか
どうか位だと思うんだけど、突然車がスリップ。
後輪が歩道側へ滑り、反対車線のタクシーの運ちゃんとばっちり
目があったのが修羅場。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
10: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/15(水) 15:41:38.41
小学生のころ、同学年の児童(顔と名字は分かるが話したことはほぼない)の親に
車で隣の県まで連れて行かれて放置された。
たまたま親切なおばちゃんが声かけてくれて交番→警察署→パトカーで自宅へ
帰れたけど、下手すればタヒんでたと思う。多分今までの人生最大の修羅場。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
735: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/12(日) 17:27:23.35
痴漢で思い出した修羅場。

5年ほど前に海外旅行に行った。関西住みで出発は成田だったため、一旦、新幹線で成田→目的地
帰りは節約のためとついた時間が遅かったので、大阪まで夜行バスで戻ってきた。

バスが思ったより早い時間についてしまったため、辺りは真っ暗。
ただ、よく知った場所なの駅まで重い荷物を両手にたっぷり抱えて歩いていた。

どでかいスーツケース1個
トートバック、ボストンバック、土産入れた紙袋二つ。

こんな感じで重たいし、両手はふさがっていた。

駅までの道は暗くて人は全く通らず。薄暗い階段をスーツケースを持ち上げて歩いてたら
下からニヤニヤしながらおっさんが上がってきた。
嫌な予感がしてたが、そのまま通り過ぎようとしたら、おっさんが両手をこっちに向けて
胸をぐわしっと鷲づかみにしてきた。

ぎゃーーっと大声を出して、そのまま持ち上げてた重たいスーツケースをおっさんに
向かって振り上げてしまった。
そのままおっさんにヒット。おっさんは階段を落ちていった。

え、ひょっとした殺しちゃった( ;∀;)
どうしよう…と思ったけど、確かめる勇気もなく、階段あがったところに交番があることを
思い出し、駆け込んで詳細を話した。

お巡りさんと一緒に戻って、おっさんを確かめに行ったんだけど、そこには誰もいなかった。
血も落ちてないようで、お巡りさんにも「大丈夫じゃない?」といわれて
一応被害届出す?と聞かれたけど、やめておいた。

それから少しして、その辺りで痴漢を繰り返してた人がつかまってTVに出ていたんだけど
あのときのおっさんだった。懲りずにまた痴漢してたんだと思うと、あのままタヒんでしまえと少しだけ思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
734: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/12(日) 17:27:01.51
何年か前に、小樽から札幌に向かう道中を走行中、寒空の中ヒッチハイクしている人を発見。
その人はインド人で少し日本語が話せた。何故ヒッチハイクしているのか、聞いた所小樽に着いてトイレに入り全財産の財布を置き忘れてしまい、気付いて探してもないので、とりあえず野宿出来そうな札幌に戻ろうと歩いていたそうな。
まあ、自分も札幌向かうし、ついでなので車に乗せた。
色々話してみると、財布を無くしたため、お腹も空いていたみたいなので、ラーメンを食べに行った。
インド人は現在名古屋に住んでいて、飲食店を多店舗展開しているらしい。
で、北海道に旅行に来て初日に財布を落とした事。
明後日、ゆうちょ銀行にインドに住んでいる家族からお金を送金してもらう事にした事など話してくれたけど、言葉が通じないせいか?
どんどん疑問ばかりが出てきてしまった。
昼を食べてからまた車に乗り込んだ時は、殺されるんじゃないだろうか、もうドキドキした。
彼氏から電話が来て、インド人を乗せ駅に向かっている事を伝えた所、私の声が震えていたのか、電話を切ってから警察に連絡。
その後、道中はインド人の気遣いで、和やかムード。二人で歌を歌っていた。

パトカーがサイレン鳴らして近づいてきて、スピーカーで車を横付けするよう、指示。
スピード違反で捕まったと思ったら、インド人が御用に。
私も事情聴取のために警察へ。色々説明。
なんとか解放された。
彼氏も来て、色々怒られたりした。
でも、その後インド人がどうなったか不明で、彼氏と駅をくまなく捜索。
インド人発見。久々に出会った家族のように、二人で泣きあった。
とりあえず野宿はかわいそうなので、ビジネスホテルを予約し、晩御飯をみんなで食べてお別れ。
インド人は感動して、この恩返しは名古屋に帰ったら必ずする!と言ってた。
でも、未だ連絡なし。
会社携帯番号と名刺渡したのに。
話が本当なら、財布を落とした時と警察に行った時はインド人にとって修羅場だったに違いない。
それにしても警察が冷たくてビックリした。
駅前に放たれたとは。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
541: 1 投稿日:2012/02/11(土) 00:35:37.64
昭和50年代後半にあった私の修羅場。
小学校に入学時からバス通学をしていた。
家の最寄りのバス停から駅まで乗って
駅で違うバスに乗り換え、小学校近くのバス停で降りて学校に行く。
入学してから数ヵ月はバス通学には母が付き添いし、
慣れてくると帰りは家の最寄のバス停で母が待つスタンスになってた。

小学校1年の終わり頃、風邪をひいて数日休んで学校に行ったが、
体調が万全でないため給食後に医者から貰った薬を飲んでた。
駅でバスを乗り換えて乗ったのはいいが、猛烈な眠気がきて寝てしまった。
母は、乗ってるはずのバスから私が下りてこないし、
次のバスにも次のも乗っていない。
母は血の気が引いて家に戻り、学校に電話して
連絡を受けた担任は私が寄り道してないか探し回り、母も探してた。
その頃、バスで目が覚めた私は周りの景色が違うことから
乗り過ごしたことに気づき、どうしようと思ったが、
「あ、反対側のバスに乗れば戻れるのでは」と考えてバスを降りた。
降りて反対側の道路に渡ったのはいいが、肝心のバス停が見つからず、
分からなくなってしまい私は泣きだした。

続きを読む

このページのトップヘ