キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

2013年09月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
311: 名無しの心子知らず 2013/09/27 14:58:58 ID:wj+DWDmn
ぶった切りすみません。

自分の主催する教室にママ友達の子も通ってくれてる。
それはいいんだけど、それにつられて来た友達にも満たない人の一人がいつも「お友達料金とか特別サービスとかないの?」とかしつこい。
仲良しクラブでないし教室の時は友達としてでなく生徒としてちゃんと平等に切り替えると説明しても納得いかない模様。
「安くしたらその分ちゃんと払う子達とは内容のものはできなくなりますからしません。それが習い事です。」と言ったらそれは違うらしい。
人様の支援でやってるわけじゃないので「教室のしくみにご理解できないのならしょうがないですが…」と言ったら、ネットで「村八分にされそう」とつぶやいてた。
正直、こんな奴には即刻辞めてもらわないと周りが迷惑。
月謝も一度踏み倒そうとしたので支払うまでは参加できないと言ったら渋々支払い。
お金が払えないなら習い事ってできないもんじゃないのかね。
月2回の月謝制。一回休むと毎回月謝の半額の返金もその人だけ求めてくる。
いつも親子で汚い格好でそこの子がいつも何かしでかすのに親は注意できない奴だから周りから苦情や愚痴も出てる。
他の生徒さんに友達だし、旦那が仕事一緒とか言いふれ回ってる模様。
会社は同じだけど、こっちは正社員あっちは派遣(奥さんが自分で言いふれ回ってる)で金銭感覚も少しズレてたからあまり交流してなかったのだけど、本人はどうしたいんだろう。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
469: 名無しの心子知らず 2013/09/29 02:52:25 ID:Dn9AxoO2
ちょっと吐かせて~

友達Aは国際結婚で、養女を迎えた為、20代前半で5歳の子持ちになった。その娘が7つか8つかになった時の話。
元々内気なAは慣れない異国生活で(当たり前だけど全部外国語の為)かなり疲れてしまい、心配した旦那が強制的に一旦里に戻した。
娘の夏休みに入ると速攻、AとA娘をA実家へ。仕事が休みになり次第、旦那も日本へ来た。
「たれ○んだになりたい」とダレてるAを実家に置いておき(本人の希望)、A旦那とA娘と、私で隣県(私が住んでる)の観光案内。
・A娘が水族館で奇声発するキチ子(小6くらい)をとっ捕まえ黙らす(日本語OK)。
・また後で遭遇したのでまた黙らす。
・外のテラスで奇声(ry 黙らした。
ここで最初から見ていたらしいキチ母登場。歳は私(友達A)より5つ6つ上っぽい。
キチ娘が気に入ったからと、キチ母にポシェットを奪われかけ、膝カックン的に張り倒すA娘。
・どう見ても普通のあんた(私)に、そんな旦那と娘は合わない(顔立ちが北欧系なので、映えて見えたのか。ただA旦那はカッコイイ。娘も可愛い)
・色々持ってるんだから(この辺意味不明)、ポシェットくらいよこせ。
・その子(A娘)は私を殴ったんだから、慰謝料よこせ。
何か色々言われた。
公衆の面前且つ、途中からは警備員も駆けつけてた。
A旦那は日本語理解できないことと、「何かあったら責任は取るが、基本は娘に任せる」姿勢の為、傍観。
私が旦那に訳を伝えながら
・二人は私の家族じゃなく友達、嫁は家で休んでる
・ポシェットは私の兄の手作りだから、そんなに値は張らない
・自業自得
と返すと、今度はキチ母、
・嫁の居ない間に不倫とはイケメンは良いご身分ね
・娘に鞄の一つも作ってやらずに家でだらけてる嫁だから浮気される。
・(旦那の年齢的に)どうせ若気の至りで子が出来ちゃったんだろう。そんな嫁居ても意味無い。母としても失格――

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
462: 名無しの心子知らず 2013/09/29 00:57:55 ID:T/iCmrju
私もつい二か月ほど前に泥というか半分以上キチの要素を持ったママとかかわりあってしまいました。
今は何事もないですが、やはり理解できない存在とはもう二度と関わりたくないです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
459: 名無しの心子知らず 2013/09/29 00:40:58 ID:iADFbqyy
この流れで書いても良いのかな…。
キチママか分かりませんが、何年か前のことです。

うちの子が小学生のとき、バザーの担当になったことがありました。
ある日、献品の袋を受けたとき、ベテランママさんが飛んできて、「それは開けなくて良いよ!」と取り上げられて、そのまま捨てられてしまいました。

本当はいけないと思ったけど、捨てられた袋の中身を見てみたら、埃だらけで汚いマスコットやら何かよく分からないものがたくさんwww汚いwww
小さいクモがわらわらと出てこようとしてたので慌てて袋の口を閉めました。
ベテランママに訊いたところ、数年前から毎日来ては献品に少しずつゴミを持ち込んでる人なんだとか。

次の日も献品の受付をやっていたところ、またその人がやってきたので、当時、キチママなんて知らない私は間違った正義感で「あまりに汚い物は受け付けられませんよ」と言ってしまいました。
特にふじこる訳でもなく、「え?そうなの?折角のバザーだから持ってきたのに云々」と文句を言いつつも帰ってくれました。

その日、バザーの業務が終わって帰ろうとしたら、外に件の人がいて、皆に隠れて帰ろうとしたら声をかけられました。
と言っても、直接私に言った訳ではなく、大きな声で「あの、さっきは…」とか言っていました。
他のお母さんたちは上手にスルーしたのに、私だけ馬鹿で反応してしまい、
「さっきの、汚いものではないんだけど。でも、許してあげる。お友達になりましょ!お友達なら当然一緒に帰るわよね!」と何故か一緒に帰ることにorz
彼女の家の場所は知りませんが、近所ではないはずです。ただ単に家の場所を知りたかっただけのようでした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
455: 名無しの心子知らず 2013/09/29 00:06:46 ID:FVY2wc0I
夜にキチママとキチババに遭遇したけど一応撃退できた…かな
仕事が終わったのは日没後、街灯の明かりはあるけど住宅街なのでそこまで明るくない道を歩いていた
前から大人二人+子供が歩いてきた
両者の距離が近づいた時キチママに話しかけられた

「すみません、このあたりで娘が帽子を落としてしまって…見ませんでしたか?」
「申し訳ありません…見てないでs…(ここで月極駐車場の塀の陰に帽子らしきものを発見)
あ、もしかしてあれですか?あの白っぽい帽子」
キチババが小走りで取りに行って、街灯の下で内側に書かれた名前を見て娘のものと確認した

「すみません、ありがとうございました」
「いえいえ、偶然視線をやった先に帽子があっただけで何もしてませんよー」
と和やかに会話を交わし、娘からもお姉ちゃんありがとうと言われて気分良く帰ろうとした

続きを読む

このページのトップヘ