キチママまとめならキチママ警報

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
111: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/28(火) 21:40:07 ID:Vi53XNtL
 とあることで図書券をもらった。額は一万円分 
机の中にしまっておいたんだけど、少し前に見たらだいぶ減っていた 
母に聞いたら「そんなに沢山持ってたってしょうがないでしょ」と言われた
猫かわいがりしている弟(小学校高学年)が欲しい本があるというので少し拝借したそうな

で、弟の買った本はとらぶる(ジャンプで連載してるえっちいやつ)だった。大人買い
さて息子の買った本はどんなのかしら?……まあ!となった母は
出版社にクレーム入れたんだって。子供も見る雑誌にこんないかがわしいものを!キー!という感じで
で、なぜか図書券ゲットした自分が怒られた

この一連の行動にどこからつっこんでいいのやら
健全な子に育てたいなら、まず自分がお手本になりましょうよ
子供から物取って、子供の欲しいもの好きなだけ与えておいて、
それが自分の思うようなものじゃなかったらモンペ。バカじゃねーのと思う

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
44: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/26(日) 21:11:21 ID:iD2oqa8z
上司が、マンションや健康食品等の勧誘電話をからかうのが趣味で、
仕事中でも平気で1時間以上やり取りしている。
相手が言い返さないのをいいことに、
「そんな仕事して恥ずかしくないの?」
「お前クズだよ、このゴミクズ野郎!!」
「うるせぇんだよ!消えやがれxxx!!」
と、仕事をしている目の前で罵倒しまくるので全く仕事にならない。

更にプライベートでもセールス電話をからかっている会話をICレコーダーに
録り、それを職場で大音量で流しながら
「ほら、こう言って黙らせてやったんだよw」
「こいつ怒ってるだろ、俺に言われて頭にきてるんだよ」
と武勇伝として語る。
営業マンをやっつける俺カコイイと思っているらしい。
他の職員や更に上の上司が注意しても
「だって向こうが電話切らないんだから仕方ない」
「こっちから切ったら負け」
とわけのわからん理屈を言って逃げる。というか聞かない。
50過ぎてこれってマジで頭おかしいんじゃないかと思えてきた。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
52: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/26(日) 23:28:50 ID:au95D4Th
DQNの価値観って想像を絶するよ。

よくパチンコ店駐車場で子供が蒸し杀殳されるでしょ?
あれってパチンコ好きの間では有名らしいんだけど
「子供に暑いのギリギリまで我慢させると大当たりする」っていう
よくあるジンクスみたいなのが広まってるんだよ。
後、上手く我慢できた子供は我慢強い子になって大成して
親を楽させてくれるって都合の良いようなことも。

要するにパチンコで大当たりしたいから子供を生贄にしてる。
ギリギリタヒなせずに済むノウハウとかも出回ってて「何月なら何時間大丈夫」とか。
もちろんそんなノウハウは当てにならずにタヒんじゃうこともあるのだけど
タヒなずに済んで何度も蒸されて仮タヒ状態を繰り返してる幼児が
パチンカス家には結構な比率でいる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
891: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/24(金) 08:15:06 ID:absJ5wX+
今はすっかり小ぶりになったようだけど、ついさっきまでひどい雨だった。
で、朝起きて居間に行ったら、窓全開になってて雨が物凄い量ふきこんでた。
畳の方までぐっしょり。その横でのんびり新聞を読む母。
なので、何やってんだこんなにびしょぬれになってるじゃんとびっくりしたら
「あらそう」で新聞から顔を上げもしない。
それで一言言ったら、「朝からやめてよ!」とヒステリックに返された。
やめてほしいのはこっちだよ。なんだこれ、勘弁して。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
876: 1/2 2009/07/24(金) 01:53:23 ID:qRuMORv6
私の実母が、究極の無神経人間。
書き始めるといろいろありすぎるのだけど、
一番強烈だったのを1つ。長くなりそうだけどごめんなさい。

家の前で、女子高生が車にはねられた。
音がすごかったので、あわてて窓から外を見てみると、
道路に女子高生が倒れていて、ピクリとも動かない状態。
その場に居合わせたらしき男性も、「これはダメかも……」な表情で女子高生に声をかけている。
で、すぐ、その男性が、「電話貸してください」と我が家に飛び込んで来た。
(まだ携帯電話のない時代でした)
すぐに電話まで案内すると、男性はまず119番に電話。
続いて、女子高生の生徒手帳を見つつ女子高生の自宅に電話。

「○○さんのお宅ですか? あの、たった今、娘さんが事故に遭われて……、
救急車を呼んだところで……、はい、場所は……、あの、大丈夫ですか? 落ち着いてください……」
男性のうろたえぶりを見ているだけで、電話の向こうの親御さんの状況がわかる。
その緊迫した空気に、私も心臓バクバクで涙が出そうになる。

続きを読む

このページのトップヘ

運営会社