注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
477: その1 投稿日:2013/05/06(月) 12:50:01.00
愚痴とともに書き捨て。

A男(彼氏)とA子(彼女)は高校時代からの親も公認のさわやかカップル。
別々の大学に進学するも、ラブラブっぷりは変わらず。将来就職したら
25歳位で入籍しようと将来を約束する仲だった。
しかしA男が入ったサークルのメンバーがちょっと男尊女卑というか脳筋というか
そういう人間がいる所だったらしく、ちょこっとだけ影響を受けるA男。
しかし、A子は大切な大切な女の子だし俺らラブラブなんで、と乗り切っていたある日の飲み会で
B男・C男に、女なんて皆ちょっと優しくしたら靡くビッ●!お前の彼女もなwwと、挑発
されA子は違う!と反論。B男・C男になら俺らが声かけても靡かないか試してもいいよな?
とそそのかされ、当然!と勝手に受けて立ったA男。
後日飲み会にA子を連れ出し、2次会行こうとA子・B男・C男と3人を個室の飲み屋(兼カラオケBOX的なところ)に残し
俺は信じてるからな!とA男離籍。
セクハラ三昧で迫るB男・C男。当然毅然と断るA子。
A男も戻らず、流石になんかオカシイと思い帰ろうとするA子を無理矢理強姦。
ハメ鳥みたいな写真も撮られまくり。
途中気が付いた店員に止められたが、すべてが遅かった。自失茫然となるA子と、
脱兎の如く逃げたB男・C男。店員が救急車と警察呼ぼうとしたが、取り乱したA子が
とりあえず公にするのは待って姉を呼んでほしいと要請。小一時間後に
姉が到着して、とりあえず妹が混乱してるので、病院に連れてゆき
落ち着かせたい。被害届だす事になると
思うが、そのさいは協力して欲しいと店長にお願いしてる最中に、A男が登場。
一直線に彼女に向かい、心配するのかと思いきや、痛みと混乱で蹲ってたA子を
思いっきり蹴り飛ばし殴りつけ、このビッ●が!と罵倒罵詈雑言。
むちゃくちゃに暴れるA男を店長とアルバイトと姉で押さえつけ、通報。
A男暴行傷害で逮捕。
A子暴行された傷&A男に蹴られ殴られたアバラが折れ内臓に突き刺さる重傷で入院手術。
A子姉&店長腕と肩にヒビが入る怪我。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
450: 1/3 投稿日:2013/05/05(日) 22:01:50.26
長文です

A子・私・BL子・・・・・・高校の同級生

1年位前、結婚したてのA子の家にBL子が怒鳴り込んできた。
「騙したわね」「うらんでやる」「早く呼び出して」半狂乱
状況を説明させようとしても意味をなさないセリフを連発。
A子ダンナもオロオロ、状況が読めない。
BL子の主張は「A子が(BL子の)夫を誘惑した、ドコに隠した早く出せ」だった。
BL子が同級生に絨毯爆撃電話しているのを又聞きをし、
A子に安否の電話をした私も遅ればせながら駆けつけた。
A子の全てを知ってる親友兼証人兼暇人と証言しようと。
それまでに以下の経緯がある。

高校生3年の時、A子にストーカーが出現した。
帰り道の特定の場所で立っていて、A子が通り過ぎると立ち去る。
シャイなストーカーは2歳下の他校生ネクラでオタクとしか情報がなかった。
「アイツきもーいw」って話題中
「ストーカーなんてロマンチックでうらやま~♪」とBL子が割り込んできた。
意外な発言に誰も何も言えないでいると
「24時間自分の事考えてくれそうで情熱的!」「絶対一途だよね」
と興奮気味にしゃべりまくった。
BL子はBLを信仰し同人誌にどっぷり浸かり一時いじめられかけてたが
「他人の趣味にまで言いがかりつけんな!誰にも迷惑かけて無いじゃん!」
と、A子の一蹴でイジメは無くなった経緯があった。
その後勝手に私達のグループに飛び込んできて
「ルフィー×○○って萌え~」なんて言われても会話が弾むわけがない。
たびたびズレた発言をして周囲をイラだたせていたが
BL子の脳変換ではストーカー=多大な時間を自分に注いでくれる一途で果てしない愛情の持ち主に違いない!
ああ、そんな理想の男子と付き合いたいとなったらしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
341: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/04(土) 23:24:50.31
 震災の時、揺れがひどくなってマンションの外に出ようとしたが、ドア枠が歪んでいるようで、20cmしか開かなくなった。
当時、自分は妊娠9ヶ月
そんな隙間から出られるわけがない
なんとかしようと、ドアを叩いていたら
避難する途中の2軒どなりの家族が気づいてくれて
自宅に引き返してくれ、旦那さんがベランダの仕切りを壊して
その家の玄関から外に出られた
3歳の息子と一緒だったんだけど、逃げるとき奥さんが息子を背負ってくれて
娘さんと旦那さんが私を両脇から支えてくれて、避難所まで連れて行ってくれた
ドアが開かない時点で、息子とお腹の子とタヒぬ可能性を考えた時が修羅場だった
マンションは地震で半壊して、立ち入り禁止のまま取り壊された
あのまま残っていたら、タヒんでいたかどうかは不明だが
住人が避難しきっていたら、親子で取り残されて危険な事になっていたと思う
2011年4月に双子を出産する際も、その後も、そのご家族には大変お世話になった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
398: 長いです1 投稿日:2013/05/05(日) 11:47:37.64
罪に問われないと分かったので、去年起こった姉妹修羅場を吐き出します!!

私は大学生、妹は高校生。
ある冬の日、妹が駅前のミスドで友達と喋っていたら、
隣の席の女性二人の会話が聞こえてきたそうです。その内容が
『今旦那と別居中。旦那のDVが理由で、子供と一緒に実家にいる。
しかし実は自分が他に好きな男が出来たので離婚したいだけ。
でっち上げの旦那DV証拠を皆信じている。親権も当然こっち。
養育費もたっぷり貰って、子供は両親に預けて、
自分は慰謝料と養育費で好きな男と暮らす。
ほとぼりが冷めたらその男の子供を産んで再婚する。』
そんな内容だった。その女性二人、見た目はごく普通のママさんで
「〇〇ちゃんが証言してくれたから助かったよーありがとう」
「いやいや!私のときも頼むよ。それにしてもちょろいね」
「親は私の味方だし、彼の事は絶対バレないようにしてたし」
「子供はいつか引き取るの?」
「いや、親に任せる。定年まで10年以上有るしいけるでしょ、
私は都会で働くって言うていでw 」
「もうー悪いなーw 幸せになれよ!」
「任せてww 旦那はノイローゼらしいよww」
「そりゃ、全く身に覚えが無いDVだもんねww」
「周り中でDVDV責め続けたら自分でも分からなくなったらしくてw
無意識で私を殴っていたのかって鬱状態だって。」
「人間そんなもんなんだねーちょろいねー」
「ねw あー早く彼の子供欲しいなあ!」

そんな会話を繰り広げていた。
何故現場にいなかった私がここまで鮮明に書けるかと言うと、
一部始終を妹&妹友達がスマホで録画していたから。
余りの内容に妹ズは衝撃を受け、とにかく録画してしまったという。
その後、妹ズは当事者の方のママさんの後を付け、実家を特定。
…で、その後どうしよう??と私に相談してきた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
357: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/06(木) 17:12:58.56
姉ちゃんの結婚式が私の修羅場。
個人で服作る仕事をしているんだけど、どうせならと披露宴に着るドレスを私が作ることに。
その直後、某飲食店の制服の製作依頼が二件きた。計12着を一ヶ月以内に。
その時、姉ちゃんの結婚式二か月前。
必タヒに布地屋巡りとデザイン、製作していくなかで、親知らずがメチャクチャ腫れ、歩く振動さえもキツくて頬も腫れだしたが、歯医者に行く暇がないので、鎮痛剤で乗り切ることに。
なんとか耐えられる位になったのはいいものの、今度は首にしこり発見。私は気にならなかったが、母が凄く心配するので、朝イチに病院へ。
まさかの癌疑惑!しかもリンパ。改めて精密検査したら、幸い癌ではなかったが、治療法なし。ついでに甲状腺機能低下障がみつかる。
薬をのみながらなんとか依頼の服と姉ちゃんの披露宴のドレス完成!
トルソーに着せて母とドレスを眺めていたら、母に『息するたびにヒューヒュー言ってるけど大丈夫?』と言われた。まさかの喘息再発…
結婚式当日マックス苦しい中出席。
母や病院から来た祖母に心配かけさせたくなくてテンションで乗り切る。
途中、何故か御祝儀を私が預かることになり、式修了後に姉に渡そうと思ったら姉がいない。
式場の人と一緒にさがしてもらったんだが、何故か式場の人が不機嫌でダッシュして急かす!走って追いかけ、無事に姉夫婦発見するも、既に私タヒにかけw
それに気付いた姉旦那のお姉さんが救急車!と言ってくれたが、帰り運転を私がすることになっていたので、丁寧に断って帰宅。
そのあと休日を挟んでしまったので、病院に行ったのは二日後。
先生に『よく頑張ったね、苦しかったね』と言われ、軽く泣いたw

楽しみにしていたフォアグラを意識朦朧としてる中、一口で食べてしまったこと(味全然覚えてない)
ケーキビュッフェ行きたかったのに、御祝儀を置いていけないので行けなかったのが修羅場。

その後、アレルギー悪化、温熱蕁麻疹、自律神経失調症、軽い難聴も併発して現在療養中…

続きを読む

このページのトップヘ

運営会社